資金計画

預金から考えてみましょう

資金計画
住宅を購入する際、一般的に住宅ローンを借りますが、一定の金額は手持ち資金から「頭金」として用意しなければなりません。
 
この頭金は物件にもよりますが、通常「価格の1割」程度が理想とされています。つまり、手持ちの預金が価格の1割になるように逆算すれば「買える額」の目安がわかります。
 
ただし、家を買うと税金や手数料などもかかります。この諸費用も手持ち資金でまかなうのが原則ですので、実際には価格の2割以上の預金が必要です。但し年収【世帯年収】によっては頭金なしでも住宅ローンを組むことは可能です。手数料や火災保険等諸費用も借入することも出来ます。この場合保証協会に払う保証料が余分に掛かります。
 

年収から考えてみましょう

ご自身の年収で住宅ローンを「いくら借りられるか」によっても、買える価格が左右されます。借りられる額は「いくら返せるか」で決まり、年収から判断することができます。
 
年収に占める年間ローン返済額の割合(年収負担率)は20~30%程度におさめるのが通常です。年収から「返せる額」を計算し、 おおよその借りられる住宅ローンの額が割り出せます。
この「借りられる額」からおおよその「買える額」を逆算します。
クレストライフ株式会社
〒463-0041
愛知県名古屋市守山区大谷町1番37号
TEL.052-792-4755
FAX.052-793-1702
【不動産業務全般】
・新築分譲住宅の仲介・販売代理
・注文住宅の請負
・土地の売買・仲介
・中古住宅、中古マンションの
 売買・仲介等